氷室饅頭

加賀藩政期、前田家では旧暦6月1日に山中の氷室を開き、
冬の間貯えておいた雪氷を遠く江戸将軍家に献上していました。
長い道中、無事に氷が届けられるよう、庶民の間では麦饅頭を神仏に奉納し、
その後、無病息災を祈願して食された風習が氷室饅頭として今日まで伝えられました。
現代では氷室が開かれた7月1日に夏の暑さを乗り切り健康を願って食される氷室饅頭は、
娘の嫁ぎ先に持参され、親類縁者・近隣にも配られるという慣習を残し
初夏の風物詩として加賀金沢の街に伝え続けられています。

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ